TOP「まなびめいと」とは>設立の趣旨及び概要

双葉設立の趣旨及び概要

 生涯学習施設「アクティブライフ井原」は、平成6年6月27日オープンし、市民の生涯学習の拠点施設として広く利用されている。ここでは、一人ひとりの市民が、さまざまな話題について話し合ったり、グループやサークル活動をしたりしている。また市民が相互の交流を深め合う場としても利用されている。
 このような状況の中で、井原市における生涯学習をより一層推進するために、次のようなことが望まれる。

 (1)市民主体の生涯学習の推進体制
 関心や知識・技術などを持つボランティアの市民と職員とがともに考え、話し合い、検討しながら豊かな学級・講座・教室などを作り上げていく、、すべての市民に開かれた市民参加の制度を確立するとともに市民全体の生涯学習の推進体制を築く必要がある。

 (2)生涯学習ボランティアの活動と生涯学習の推進
 自分のもっている知識や技術、講座・教室で学習したことなどを生涯学習ボランティアとして生かす場(生涯学習の企画、生涯学習情報の提供、講座や教室の指導、施設設備の操作運営等)を提供する。このことによりボランティア自身の学習が高められ、同時に生涯学習に関わる企画・運営、学習情報収集・提供、学習講座・教室の指導、施設の機器の操作・運営などが充実される。

 (3)生涯学習の支援
 生涯学習の参加し学習を深めている市民や、これから生涯学習に参加し学習を進めていこうとする市民に対してより細かな学習情報の提供を行うことが望まれる。また、学習者の相互交流・グループ活動を支援することにより、一層の生涯学習の推進が期待できる。

 これらの観点から、「アクティブライフ井原まなびめいと」を結成し、その中に、

 (1)「ボランティア部会」を設け、ボランティアによる学習の企画・運営、指導、生涯学習情報の収集提供、施設・設備の運営などが行えるようにする。
 (2)「学習部会」を設け、学習、会員の相互交流、グループ活動などの学習機会の提供と支援を行う。


 「ボランティア部会」
 自分の持っているいろいろな知識・技術や関心、講座や教室で学習したことを、ボランティア活動を通して生かしてみたいと考えている人々の組織である。
(企画担当)
 ◎生涯学習に関わる事業の企画・運営などの担当
  ・研修会、講座、教室など各種事業の企画と運営
(学習情報担当)
 ◎生涯学習に関わる情報の収集・提供などの担当
  ・生涯学習情報誌の発行など
(指導担当)
 ◎生涯学習活動の知識、技術の提供、指導面を担当
  ・講座、部会、サークルでの指導や学習相談
(技術担当)
 ◎諸事業での技術面を担当
(HP担当)
 ◎ホームページの作成・更新、情報収集

 「学習部会」
 生涯学習に参加し、またはこれから参加して学習を進めようとする市民で、「アクティブライフ井原まなびめいと」の趣旨に賛同した学習者で組織するものである。

【アクティブライフ井原まなびめいと組織図】